遺産分割協議・調停

人生の中で最もデリケートで複雑な問題の一つが遺産分割です。大切な家族を亡くした直後に遺産の分配について話し合うことは、家族関係に溝を作ってしまうケースが多いです。

相続は状況に応じて適切な措置をとらないと、さらなる相続トラブルに繋がってしまい、最悪の場合は「家族の縁」が切れてしまう事態も想定されます。

このコラムでは、遺産分割の法的な側面と、弁護士がどのように介入し相談者様にとって有利に解決するかについて詳しく解説いたします。また、不動産を含んだ遺産分割の解決事例も併せてご紹介いたします。

遺産分割って何?相続の基礎知識

遺産分割協議とは?

遺産分割協議とは、相続人が遺産の分配について話し合い、合意することです。相続が発生した際に、遺産をどのように分けるかを決定するための重要な手続きで、円満に遺産分割協議を進めることが、相続トラブルを防ぐためには大切です。

法定相続分と遺留分

法定相続分とは、民法に定められた相続人が受け取るべき遺産の割合です。相続人は、配偶者、子、両親、兄弟姉妹などの親族が対象となります。遺留分とは、遺言によって遺産の分配が定められていても、一定の割合を受け取る権利があることを指します。遺留分は、配偶者や子など特定の相続人に保証された権利であり、遺言が遺留分を侵害している場合、相続人は法定相続分を請求することができます。

遺言書の役割

遺言書は、遺産分割に関する意思を書面にしたものです。遺言書がある場合、遺言者の意思に従って遺産を分割することができます。遺言書は、自筆証書遺言、公正証書遺言、秘密証書遺言の3種類があり、それぞれ作成方法や効力が異なります。遺言書がない場合、法定相続分に従って遺産を分割することになります。

遺留分侵害は遺産分割と対処が異なりますので詳しくはこちらのページをご覧ください。

遺産分割手続きの流れ

相続人が誰になるのか

遺産分割手続きを始める前に、まず相続人を確定しなければなりません。相続人は、民法で定められた親族になります。配偶者、子、両親、兄弟姉妹などが相続人になり得ます。また、遺言書がある場合は、遺言に従って相続人が決定されます。

遺産がどこに、どれくらいあるのか

遺産分割手続きの次のステップは、遺産調査です。遺産調査では、財産や借金などの詳細を把握することが重要です。不動産、預貯金、株式、生命保険など、遺産に含まれる財産をリストアップし、その価値を評価します。また、遺産に関連する借金や税金も調査しましょう。

遺産分割協議

遺産調査が終わったら、相続人同士で遺産分割協議を行います。遺産分割協議では、遺産の分配方法や割合を話し合い、合意に達することが目的です。円満な協議ができない場合、弁護士や遺産分割調停を利用することが考えられます。

相続人調査・相続財産調査は個人で正確に行うことが難しく、弊所の相続調査おまかせプランのご利用をおすすめしております。

 

西村綜合法律事務所ができるサポートについて

交渉による円満解決

弁護士が遺産分割の問題解決に関与する際、まずは交渉による円満解決を目指します。弁護士は、相続人間のコミュニケーションを円滑に進めるために、法律的な知識や交渉技術を活用して、遺産分割に関する問題を解決に導くことができます。

円満に遺産分割を進めるポイントをこちらのページで解説しておりますので併せてご覧ください。

 

遺産分割調停

遺産分割協議がまとまらない場合、家庭裁判所に遺産分割調停を申し立てることができます。遺産分割調停では、調停委員が中立的な立場で相続人間の話し合いを進め、遺産分割に関する合意を目指します。弁護士は、調停の進め方や書類作成などでサポートし、適切な解決策を提案します。

遺産分割協議においては、他の相続人がいきなり弁護士を立ててしまうケースが少なくありません。相手方に弁護士が就いた場合の注意点や対処方法はこちらのページで解説しておりますのでご覧ください。

遺産分割審判

遺産分割調停が成立しないと家庭裁判所に判断された場合、自動的に遺産分割審判に移行します。遺産分割審判では、裁判官が遺産分割に関する決定を行います。遺産分割審判の結果は、強制力があり、相続人はその決定に従わなければなりません。弁護士は、遺産分割審判の手続きや書類作成、証拠提出などでサポートし、ご相談者様の利益を最大限に守るよう努めます。

特に専門的な知識が求められる遺産分割協議書の作成方法についてはこちらのページで解説しておりますのでぜひご覧ください。

西村綜合法律事務所の弁護士費用

初回のご相談は無料です

初回相談料

無料

30分〜1時間程度を目安としておりますが、ご状況に応じて最後までお話を伺います
(お住まいの地域やご状況に応じましてWeb面談(スマホ面談)も承ります)

当事務所は岡山県に根ざした法律事務所として、地域の皆様が少しでもストレス・相続争いから解放されるよう、まずはご相談のきっかけとしていただくために初回相談を無料とさせていただいております

ご相談のみでお悩みが解消に向かうことも少なくありませんし、実際にご依頼いただかなかった場合でも費用がかかることはありません

現在のご状況を正しく把握するためにも、まずはお気軽に無料相談をご利用ください。

着手金

交渉  27万5,000円〜

調停  38万5,000円〜

審判・訴訟 49万5,000円〜

報酬金

27万5,000円+経済的利益(回収金額とする)の11%

※上記を原則とし、事案によって増減させていただきます。

 

上記に記載した料金・プランだけではなく、皆様のご状況に応じて最善のご提案をさせていただきます。ご状況に応じて最後までお話を伺いますので、まずはお気軽に無料相談をご利用ください。(お住まいの地域やご状況に応じましてWeb面談(スマホ面談)も承ります)

初回相談料

無料

30分〜1時間程度を目安としておりますが、ご状況に応じて最後までお話を伺います
(お住まいの地域やご状況に応じましてWeb面談(スマホ面談)も承ります)

 

岡山の遺産分割の解決事例

事例の背景

亡くなった被相続人の財産について、相続人である兄弟間での話し合いが円滑に進まず、任意での交渉は困難と判断した相手方から遺産分割調停の申立てを受けた事例。

西村綜合法律事務所に依頼した結果

特別受益については、依頼者に有利な内容で解決し、不動産も希望通り取得することができました。

ご相談の経緯・ご要望

 遺産分割調停の申立てを受けたことで、調停での対応を弁護士に依頼することを希望されました。長期にわたり遺産分割に関する話合いができていなかったとはいえ、ご兄弟間の紛争であり、円満に話を進めることを望まれました。もっとも、特定の不動産については、強く取得を希望されました。
 また、特別受益については、贈与を受けた経緯などから、特別受益に当たらないとの主張をされました。実際に、生前贈与が行われたことは客観的にも明らかであったため、依頼者が希望する結果を出すためには証拠の収集及び主張を行うこと及びそれに基づく主張を行うことが不可欠となります。

解決までの流れ

 調停の場で、申立人も、当方の依頼者が取得を希望する不動産の取得を希望し、その不動産については意見が真っ向から対立することになりました。最終的には代償金を支払うことで、当方の依頼者が希望通り、不動産を取得することができました。代償金の金額としても、想定していた金額の範囲で合意することができました。
 また、特別受益についても、問題となる生前贈与から年数が経過しており、資料が十分に集まらない中、収集した証拠を基に、依頼者に有利な結果になるよう主張を考え、調停に望みました。

 結果として、裁判官の意見として、当方の依頼者に有利な内容で合意をするよう提案していただきました。申立人も裁判官の提案を受諾し、結果的に依頼者に有利な内容で合意をすることができました。直接的な証拠となる資料が十分に集まらない状況でも、豊富な経験に基づいた適切な対応および主張を行うことで良い結果となりました

 
 

代表メッセージ

遺産分割の問題は、感情が高ぶりやすくトラブルに発展することが多いです。弁護士がサポートすることで、遺産分割手続きを円滑に進め、問題を解決することができます。西村綜合法律事務所では遺産分割に関する法律的な知識と経験を活用して、皆様のお悩みに寄り添い、最適な解決策を提案いたします。

岡山にお住まいで遺産分割に関するお悩みやご相談がある場合は、ぜひ私たち西村綜合法律事務所にお気軽にお問い合わせください。無料相談を実施しておりますので、どんな些細なことでもお気軽にご相談いただけます。お客様の利益を最優先に考え、遺産分割の問題を解決へと導くために、全力でサポートいたします。

代表弁護士 西村啓聡

岡山の遺産分割は西村綜合法律事務所までご相談ください

西村綜合法律事務所では岡山にお住まいの皆様向けに無料相談を実施中です。遠方の方、事情がありご来所が難しい方向けにオンライン面談も行っておりますので、まずはお気軽にご相談いただければと思います。

 






    この記事の監修者

    監修者:西村啓聡

    弁護士法人西村綜合法律事務所 代表弁護士

    西村写真

    注力分野

    岡山エリアでの相続分野(遺産分割・遺留分侵害額請求など多数の相談実績)

    経歴

    東京都内の法律事務所での勤務を経て、岡山県に弁護士法人西村綜合法律事務所を創立。県内を中心に年間約80件の相談を受けており、岡山エリアの相続に強い弁護士として活動。地域に根ざし皆様の拠り所となれるような法律事務所を目指している。