不当利得返還請求に対し被相続人の必要経費の控除を認めさせた事案

概要

依頼者(相続人):被相続人の子

被相続人(続柄):母

相手方(続柄):被相続人の子(依頼者の兄弟)

遺産の概要:預貯金

解決方法:預貯金の使途の確認及び交渉

争点:預貯金の使途

結果:裁判手続によらず、任意の交渉で合意に至った。

解決のポイント

本件は、依頼者の母が生前に依頼者に対し管理を委ねた預貯金を依頼者が取得したところ、母の死後に、共同相続人から依頼者が取得した金銭が不当利得に当たるとして、法定相続分の支払いを求められた事案です。
このような事案では、第一に引き出した預貯金の使途を説明する資料を収集することが肝心です。本件に関しても、ご依頼を頂いた後、まずは、依頼者が取得した預貯金のうち依頼者が自身で取得したのではなく被相続人のために使用したものであることを説明するため、領収書や病院のレセプト、振込みや依頼者の通帳からの引き落とし履歴などの資料を全て調査しました。資料については、手元にないものであっても、請求すれば発行できるものもありますので、現在手元にないからと言って諦めることはありません。
上記の調査の結果、通院していた病院や生前に入所していた施設の支払を行っていることが判明しました。
加えて、依頼者のレシートの記録や証言などから、日常生活においても被相続人のために相当額の支出をしていることが分かり、そのことも併せて主張しました。
結果的に本件では当方の主張が大部分認められ、当方の出費を考慮した形での解決を図ることが出来ました。

ページのトップへ

相続に関するご相談は西村綜合法律事務所にお任せください
初回無料で相談する

??????

メールでのお問い合わせ