事案1

兄弟の一人が,被相続人である母の口座から不当にお金を引き出していた事例

概要

依頼者(相続人):妹(相続人)

被相続人(続柄):父

相手方(続柄):兄

遺産の概要:不動産・株式・預貯金・現金

解決方法:不当利得返還請求訴訟

争点:亡くなった父の生前に,兄が父のお金を長年管理していたところ,本来あるはずの金額が死亡時にはなく,銀行の履歴を過去10年分取り寄せたところ,不審な引出しが多数あった点が,不当利得にあたるか

結果:裁判上の和解によって2500万円の返還を得ることになりました。

解決のポイント
ご依頼の経緯・ご要望

依頼者の方は,父の死亡後に兄から遺産目録をみせられたところ,生前父が貯めていた貯金がほとんどないことに疑問を持ち,当事務所に相談に来られました。依頼者の要望としては,もし兄が管理をしていた口座から不当な引出しがあった場合においては,それを取り返してほしいというものでした。

解決のポイント

この事件は,依頼者から相談を受けてすぐに銀行から過去10年分の履歴を取り寄せたところ,不自然な引出しが多数ありました。そこで,不自然な引出しをすべてピックアップしたところ,合計額は4000万円以上にものぼりました。裁判官は相手方弁護士に対してその使用用途について証明するように指示を出しましたが,そのすべてに対して相手方弁護士は正当な使用用途を説明することができず,裁判上2500万円を返還する旨の和解が成立しました。相手方が,被相続人の生前にお金を管理していた場合には,死後預金残高が不自然に減少していた場合には,専門家である弁護士に相談することをお勧めします。

 

ページのトップへ

相続に関するご相談は西村綜合法律事務所にお任せください
初回相談料無料

▶︎▶︎▶︎

メールでのお問い合わせ